介護ベッドをどこで買うべきか

介護ベッド,どこで買う

いざ介護用のベッドが必要になった時、どこで買うのがいいの?という問題に直面する人は少なくありません。

 

山北町のホームセンターや家具の専門販売店であれば取り扱いがある場合もありますが、やはり品揃えという視点で見ると介護用品を専門的に取り扱うところから選んで購入するのがベストでしょう。

 

介護ベッドと言ってもさまざまな種類があり、使用する人の体調などに合わせ、モーターの数やベッド自体の大きさ、安全装置の有無などに違いがあります。

 

要介護度が比較的低い人の利用の場合は少ないモーター数のものでも大丈夫ですが、要介護度が高い人の利用であればモーター数が多く、安全装置も信頼性の高いものがついている介護ベッドを選ぶべきです。

 

介護ベッド選びは実際にそこに横たわる人だけではなく、介護する側の負担を軽減する目的もあるので、安いものであればいいなどの理由ではなく、きちんと考えて選ぶようにしましょう。

 

適した介護ベッド選びの相談やアドバイスを受けるためにも、やっぱりさまざまな介護ベッドを扱う専門的な知識がある人のところで買うと良いですね。介護ベッドは普通のベッドと違い機能性も高く、またそれが原因でなかなかのお値段になっています。値段は一般的にモーター数が多くなるほど高くなります。

 

ここで費用を抑えるために妥協してしまうとのちのちの後悔に繋がるので、購入する前に疑問点などは遠慮なく問い合わせをして、利用する人にとって優しく、介護する側も納得できる品質のものが選べるようにしましょう。

楽天市場で介護ベッドを売ってる販売店をまとめてみました

 

ケンクル

山北町で介護ベッドを買うならケンクルを見てみよう

ケンクルは楽天市場で介護用品の販売をおこなっているお店です。インターネットでの介護用品販売歴10年を迎えた老舗と言っても良いお店でしょう。

 

介護ベッドの品揃えも豊富で、介護ベッドの代名詞とも言えるパラマウントベッドはもちろん、現在注目度が高いメーカー・プラッツの製品も数多く揃えているのが特徴です。

 

プラッツはパラマウントベットに次いでシェア2位を獲得しているメーカーです。インターネットで介護用品を買うのは不安…という人も多いですから、ケンクルではその不安を少しでも取り除くために介護用品への相談窓口を設けています。

 

福祉用具専門相談員、福祉住環境コーディネーターなど専門的な資格を持ったスタッフによるものなので、顔が見えない取り引きながらも信頼度の高いお店となっています。インターネットの店舗で10年やってこれたというのはそれなりの理由があるということですね。

 

この相談は電話でも受け付けていますが、やはり電話は混み合うことも多いようです。それでも窓口を設けてくれるだけ真摯なお店と言えるでしょう。ケンクルは24時間・365日注文を受け付けているので、急に介護ベッドが必要になったときにも対応できます。

 

インターネットでも納得いくまで相談がしたいというときにおすすめのお店です。

 

⇒ケンクルの評判や感想はこちらからご確認頂けます。

取り扱い介護ベッドメーカー
パラマウントベッド プラッツ

 

ケンクル

 

 

 

車椅子・介護用品のお店 TCマート

山北町で介護ベッドを買うならTCマートを見てみよう

TCマートは楽天出店歴10年を迎えた老舗のショップで、介護用品を専門的に取り扱っています。

 

介護ベッドやシーツ、マットレスなどの取り扱いもありますが、要介護度が高い人が快適に過ごせる車椅子の販売にも力を入れています。

 

お店のサイトトップには車椅子が並び、またさまざまな車椅子のなかからどれを選んだらいいのか?という迷いに対する解説なども用意されていて、初めて介護用品を選ぶ人にも優しい作りになっています。

 

文字だけではなく動画やイラストを使い、よりわかりやすい入り口をつくる努力をしています。介護に関する資格を持ったプロが相談に乗ってくれる窓口もあるので、気になることがあれば問い合わせできるのも安心感があります。

 

車椅子の選び方、介護ベッドの選び方ではそれぞれ数ページを使って解説してくれているので、今は不要だけれど将来は必要になるかもしれないので知識を得ておきたいという場合にもおすすめのサイトですよ。

 

さまざまなアイテムがあるので、一見目的の製品を探しにくいのでは?と感じますが、トップページに介護用品のカテゴリがわかりやすくおいてあり、すぐにページに飛べる配慮がされています。全体的に色使いが優しく刺激がなく、温かみがあるのも良いですね。

 

⇒TCマートの評判や感想はこちらからご確認頂けます。

取り扱い介護ベッドメーカー
パラマウントベッド プラッツ
グランツ コイズミファニテック
シーホネンス

 

車椅子・介護用品のお店 TCマート

 

 

 

けあ太朗 楽天市場店

山北町で介護ベッドを買うならけあ太朗を見てみよう

楽天市場にお店があるけあ太郎は、パラマウントベッド、プラッツなど一流の介護ベッドメーカー製の介護ベッドはもちろん、シニアの日々の生活が楽しくなるようなグッズも取り揃えています。

 

けあ太郎で取り扱っている介護用品メーカー・ブランドはなんと500社以上で、大手メーカーの製品はもちろん、注目度の高いメーカーの製品を探すことができます。

 

シニアがお出かけする際に必要となる杖やステッキの品揃えが豊富なのも特徴で、さまざまな素材やデザインのなかから好みのものが探せます。

 

オーソドックスなブラウンの木製などシンプルなものから、花柄やドット柄などのお洒落なデザイン、カラフルな明るい色使いのものなどがあり、必ず好みの物が見つかりそうな種類の豊富さです。何本か持ってファッションに合わせてコーディネートするのも気分が明るくなるでしょうね。

 

けあ太朗も相談窓口を設けていますが、大きな特徴は車椅子、介護ベッド、シルバーカーなど製品のジャンルの違いごとに専門のスタッフがいることです。より細かい製品選びの相談やアドバイスを受けることが可能なのは大きなメリットと言えます。

 

⇒けあ太朗の評判や感想はこちらからご確認頂けます。

取り扱い介護ベッドメーカー
パラマウントベッド プラッツ
アンネルベッド マキライフテック

 

けあ太朗 楽天市場店

 

介護ベッドの選び方のポイントは?

介護ベッド,選び方

介護ベッドの主な機能は、ベッドの利用者の起き上がり、立ち上がりを補助するものです。寝ている姿勢から自力で起き上がるのがツラい、立ち上がるまでに時間がかかるなどの悩みを軽減します。

 

また、この機能は介護をする側にもメリットがあり、介護をする際の肉体的な負担を軽減するメリットがあります。介護ベッドの選び方のポイントは一言ではなかなか言えません。

 

介護ベッドそのものに多くの種類があることや、利用者の状況に合わせて最適のものを選ぶ必要があるからです。そのためこの大きさのものなら何にでも対応できる、これを買っておけばまず安心、といった目安がないんですね。

 

介護ベッドの機能は背上げ、膝上げ、高さ調整があります。これらの機能の組み合わせなどを、要介護度の高さに合わせて選んできます。基本的に内蔵のモーター数が多いほど機能性が高く、そのぶん値段も高くなります。具体的に言えば、モーターが3つ以上になるとだいたい100,000円を超えてきます。

 

この100,000円という値段を見て、ベッドにしては高い、もっと費用を抑えようと値段のことばかりに目が行ってしまうと、介護をラクにするはずがあまり実感がないベッドだったなんてことになりかねません。

 

介護ベッドは利用者と介護者の両方の負担を減らし、毎日を快適に過ごすために買うものという認識を忘れないでください。ベッドの大きさにもさまざまなものがあり、利用者の身長や介護の度合いによって選択します。

介護ベッドを使うメリットとデメリット

介護ベッド,メリット,デメリット

介護ベッドを利用するメリットは、利用者・介護者の肉体的な負担を軽減する効果が高いことが挙げられます。モーターの駆動による起き上がり・立ち上がりの補助、高さの調節ができるものであれば車椅子へ乗る際の負担も軽減されます。

 

ではデメリットはないのかというとそうではなく、介護ベッドならではのデメリットはやはりあります。

 

モーターの駆動の際に転落事故を起こしてしまう可能性があること、ベッドからほかの場所に移動する際の手段が車椅子か歩行に制限されやすく、這っての移動には向いていない、また介護ベッド自体が大きいので場所をとること、これに関連してスムーズな介護のために部屋の真ん中付近にベッドを置くことが望ましいことなどが挙げられ、十分なスペースと立ち上がりの際に必ず補助できる人が立ち会うことが必要となってきます。

 

介護者が立ち会わずに立ち上がりをするケースはほとんどないとも考えられますが、注意が必要なことには変わりありません。また、基本的なデメリットとして介護者がリモコンの操作やベッドの機能について理解できるかという問題があります。

 

近年の介護ベッドは操作もわかりやすく配慮されてはいるものの、機械の操作はとにかく苦手!という人も多いですし、家族が操作を覚えられてもヘルパーさんも同じように覚えられるとも限らないのが難しい部分です。

 

介護ベッドを選ぶ際は機能性だけではなく、操作ができるだけ簡単でわかりやすいものを重視するのもポイントですね。

介護ベッド2大メーカーを紹介

パラマウントベッド

介護ベッドの最大手メーカーと言えばパラマウントベッドでしょう。こちらのメーカーはテレビCMも多いですし、介護に直接関わりのない人でも耳にする機会が多くなっています。

 

介護ベッドのシェアも1位で、もっとも利用者の多い介護ベッドメーカーです。人生におけるベッドの新しい試みとして、将来必要になるかもしれない機能性を持ったベッドの提案もしています。

 

今はまだ介護や補助が必要ない生活でも、近い将来に起き上がりや立ち上がりの補助が必要となった際にも役立つ機能性と違和感のないデザインを両立させた「インタイム1000」という製品があります。

 

日本人が長寿化し、長い人生を送るようになった背景を踏まえ、時代に合わせた製品の開発と提案ができるのは大手としての経験の豊かさによるものでしょう。

 

プラッツ

現在シェア2位なのが株式会社プラッツというメーカーで、こちらは2015年に上場を果たした新鋭のメーカーです。

 

今までの介護ベッドではあまり見られなかった超低床ベッド「ラフィオ」があり、イメージとしてはベッドと布団の間くらいの高さです。

 

中間の高さのものにはミオレットU、もっとも高いラインではプリモレットがあります。プラッツの介護ベッドの特徴は、機能性だけではなくデザインにもこだわりを感じる点でしょう。

 

木目の美しさを活かし、インテリアになじみやすい工夫がされています。リモコンも直感でどのボタンを押せば良いのかわかりやすくなるよう工夫されています。